セイム新体力テスト+(プラス)|世夢スポーツ企画

評価システム開発の背景

「評価」と「フィードバック」の実現

図1_2.jpg体力テストに限らず、テストや測定の後には、結果の「評価」と「フィードバック」という作業が残されています。毎年、所轄官庁から新体力テストの実施とデータ収集を求められる自治体様は、結果の適切な「評価」と参加者への「フィードバック」をいかにして実現するかという課題に頭を悩ませ、あるいは独自に各施設における体力テストのサービス提供を企画している事業者様にとっては、その「評価」と「フィードバック」の手段を持ち合わせないことがサービス提供の壁として立ちはだかっています。セイム新体力テスト+(プラス)は自治体、事業者の皆様の直面するこのような課題を解決する、成人・高齢者特化型の「新体力テスト評価システム」です。


データ処理サービスの概要

迅速な測定結果の通知

図2_1.jpg本サービスのユーザー(自治体様、事業者様)は、手書きの記録表または専用の記録ファイルに入力済みのデータを、弊社に郵送またはメールにて送信します。弊社は受け取った記録をデータ処理し、記録受領後、最短24時間以内に結果表をユーザーに返送します。ユーザーは、テスト参加者に迅速に結果のフィードバックを提供することが可能となります。


信頼性の高いコンテンツ

専門家開発の評価システム

医学博士、健康運動指導士をはじめ、体力医学の専門家が直接、本製品の評価システム作成に携わり、信頼度の高い最新の科学的知見をプログラムに盛り込んでいます。経験豊富なプログラマーやイラストレーターが、それら十分に吟味されたコンテンツを忠実にソフトウェアで再現し、帳票に反映しています。


セイム新体力テスト+の実力

充実の評価項目

本評価システムの仕様は文部科学省「新体力テスト」に準拠しているだけでなく、オリジナルの統計処理と評価システムにより、種目別評価、総合評価をはじめ、多岐にわたる充実した評価項目の提供を実現しています。「体格は体力に含まれる」という概念もと、肥満・腹部肥満に関連する指標を導入し、一方では限られたテスト項目の結果に独自の処理を加えることにより、腰痛リスクや下肢の運動機能など、中高年齢者にとって有益な情報を導き出しています。


読みやすく鮮やかな帳票

ユニバーサルデザインに配慮

testchohyosample.jpgセイム新体力テストは、中高年齢者にとって読みやすいよう、帳票にも工夫を凝らしています。大きくて読みやすいA3カラー出力に対応し(A4・モノクロ選択可能)、文字フォントはユニバーサルデザインを念頭に、シンプルで読みやすい Meiryo UIを採用しました。図表や鮮やかなカラーイラストを適度に盛り込み、美しく鮮やかで読みやすい結果表をお届けします。


充実のサポート

本サービスのユーザーに対しては、結果表の送付にとどまらず、必要に応じて専門スタッフが実施法に関する様々な助言を行います。テストの具体的な運用プロトコール(タイムテーブルや会場設置など)の提供をはじめ、帳票の読み方、参加者への説明方法の指導などにより、新体力テストの効率的な運用を総合的にサポートいたします。


関連サービス

・体力テストEZ
・体力テストの実施、その他イベント受託
・講師派遣
(詳細はお問い合わせください)


テスト種目

  • 体格測定
  • 握力
  • 上体起こし
  • 長座体前屈
  • 持久性種目(急歩・20mシャトルラン・6分間歩行)
  • 反復横とび
  • 立ち幅とび
  • 開眼片足立ち
  • 10m障害物歩行
  • ADL(高齢者用スクリーニング)

※年齢区分によって上記より種目を自動選択

詳細はお問い合わせください。

セイム新体力テスト+の実施イメージ

P3031038.JPG6分間歩行
P3031014.JPG10m障害物歩行
P3030963.JPG握力
P3030977.JPG上体起こし
P3030985.JPG長座体前屈
P3030993.JPG開眼片足立ち